各種健康保険、労災保険、
自賠責保険(交通事故 後遺症)、傷害保険 取扱

WEB予約
受付時間
9:00~12:00 自費
12:30~15:00 自費診療(予約)
16:00~19:30 休診 休診
20:00~ 自費診療 自費

オステオパシー

オステオパシーとは
アンドリュー.テイラー.スティル
アンドリュー・テーラー・スティル
(Andrew Taylor Still, 1828-1917)

オステオパシーとは、1874年にアンドリュー・テイラー・スティルというアメリカ人医師によって創始された自然医学です。
医学と言うからにオステオパシーは解剖学、生理学、病理学などの基礎医学に基づく、確固たる科学的根拠のある手技療法です。
その大きな特徴は、人間の身体全体を一つの繋がったシステムとして捉える事です。
オステオパシーでは、身体の各部位、各器官は人間の生命を維持する為に全体として調和をとりながら強調して働いていると考えています。

したがって局所的な痛みやさまざまな症状がある場合でも、痛みや症状の原因が必ずしもその部位にあるとは考えません。身体全体を基礎医学的知識と緻密な検査法に基づいて診察し、痛みや症状を引き起こしている根本的な原因を探し出し、多様な治療技術の中から最善の方法を選択し、問題を解消する事で身体の自然治治癒力を引き出します。

施術への想い
オステオパシー、しょうじ院長の写真

初めまして、院長の小路 和功です。
数年前、開院する前に勤めていた整骨院の兄弟子をきっかけでオステオパシーに出会いました。
それまで様々な勉強会に参加してきましたが、肩が上がらない時はここ、腰が痛い時はこの筋肉をほぐすなど、対処療法でしかなく自分が納得できる理論や根本的な治療法ではありませんでした。

そんな時に出会ったのがオステオパシーです。

オステオパシーは、解剖学、生理学、病理学などの基礎医学に基づき、確固たる自然科学的根拠のある手技療法だったのです。
またオステオパシーを通じ自然治癒力の偉大さ・素晴らしさを感じました。


オステオパシーの創始者スティル博士が

病気とは身体の構造の異常とそれに続く生理的機能の不調和の結果であり、人間の身体のすべての部分が正しく機能しているとき、人間の身体は完全に健康である。そうでないとき結果として起こるのが病気である。不調な部分を調整すれば病気は健康に道をゆずる。

オステオパス(施術者)は症状を扱うのではなく、原因を扱わなければならない。症状は、原因が調整されれば消失する

と述べています。
つまり、構造の異常や不調な部分を調整することで、患者の自然治癒力が高まり症状が改善して行くと言う事です。人間には底知れぬエネルギーがあると言う事です。

実際、僕が急性腰痛(ギックリ腰)で歩く事が出来ない時、オステオパシーの同志に施術をして頂き次の日には、仕事が出来るまでに回復しました。また患者さんの施術でも、長年便秘に悩まされていた方の尾骨(昔に尻もちを突き骨折した時の古傷)を施術し次の日から改善し始め施術を重ねて、今では症状が改善し喜んで頂いています。

今までは何とかして僕が治してやると少し傲慢な部分がありましたがオステオパシーを学び、患者さんの症状や悩みと真剣に向き合い、オステオパシーを通しその人が生きてきた『人生・生活・生命(LIFE)』そのものと向き合い患者さんと共に健康に導いていけたらと思います。

また食への大切さも痛感しています。

生命維持に大切な『食』しかし身体に良くない物を摂取する事で内臓機能などに負担をかけ身体全体の調和が乱れ本来の自然治癒力を引き出すことができなくなる事があります。
健康維持・早期回復の為に、施術後に食事や運動療法なども相談させて頂きます。

少々長くなりましたが、お付き合いありがとうございます。
患者さんの身体・症状・悩みに耳を傾け、1人1人に合った施術を提供していきます。

オステオパシーにおける基本4原則

1、身体は一つの単位(ユニット)である。一人の人間とは、身体・心および精神の単位である。

オステオパシーでは身体全体を一つの繋がったシステムと捉え、筋骨格系だけではなく、臓器、神経、血管、免疫系などを調べ原因を探し出し施術していきます。
また、一人の人間とは、身体(BODY)、心(MIND)、精神(SPIRIT)が三位一体となって生命を営んでいると考えており、身体だけでなく、背後にある心理的側面や精神的側面にも留意しながら、施術を受ける方の命の全体性を尊重し施術を行います。

2、機能と構造は互いに関連する

身体の機能に症状が出ているならば、身体の構造にも問題が起きているということです。身体の機能を必要以上に働かせると構造にも変化が現れるという考え方もできます。
オーバーユース(機能の過負荷)による関節の変化(構造の変化)。また働かせなかったことによる筋肉の委縮や機能低下なども考えられます。このように関連しているということを考える必要があるのです。

3、身体は自己調節、自己治癒、健康維持能力を持っている

動物が怪我や病気になったとき身体をじっとさせて休むというのを聞いたことがあると思います。これは身体を休めて自然治癒力を働かせ回復させているのです。人間にも自然治癒力が備わっています。しかし、自然治癒力も現代社会ではさまざまな問題から力を発揮できにくい環境に置かれています。
例えば、人間関係や仕事などさまざまストレスを感じたり、過去に骨折や脱臼また手術歴があるなど、これらの負担により脊椎や関節障害、筋肉の過緊張や委縮、靱帯や筋膜のゆがみなどを引き起こし血流やリンパ、神経や内臓にも悪影響を及ぼします。
自然治癒力を十分に発揮するには悪影響を及ぼす原因を取り除き、自然治癒力を発揮しやすい身体に整えることが重要です。
スティル博士は『人の身体の内部には健康を維持する能力がある。もしこの能力を正しく認識し、正常に保つことができれば病気を予防する事も治療する事も可能である。』と述べています。
身体・心・精神の調和のとれた最適条件にすることにより不調や痛みなどを改善し自然治癒力を高めていきます。

4、合理的な治療は上記の3つの基礎的原則に基づいている

オステオパシーにおいて合理的な治療を行うためには上記3つの基礎的原則を踏まえて行う必要があります。
対処療法ではなく身体全体を診て症状に対する根本的な原因をつきとめ治療し自然治癒力を高め、健康へ導く事が出来ます。

オステオパシーは現在日本では補完医療、代替医療としての役割を担っています。重度の疾患をお持ちの方はまず医師の診断を受けて、その上で当院のオステオパシー治療をお選びいただく事をおすすめします。

▲トップへ